イベント 【2017年11月21日開催】情報資源利用研究センター(IRC)設立20周年記念国際ワークショップ「話芸の競演:インド洋レユニオン島の民話 VS 古典落語」

2017年10月05日

(終了しました。2017年11月21日)

  • 日時:2017年11月21日(火) 18:30~21:30(18:00開場)
  • 内容:

1. 開会の辞 星泉(AA研情報資源利用研究センター長)

2. 小田淳一(AA研所員):ワークショップの説明と演者の紹介

3. イザベル・シヨン氏&ジャン=ピエール・アカパンディエ氏:レユニオン音楽「マロヤの解説と演奏」

4. ジャン=ピエール・アカパンディエ氏の語り:「マロヤの誕生」

5. 古今亭文菊師匠の落語:「親子酒」

6. イザベル・シヨン氏の語り:「チジャンとおばけカボチャ」

7. 質疑応答

  • 使用言語:日本語,英語,レユニオン・クレオル語,フランス語(日本語への逐次通訳あり)
  • 日本語通訳:税所萌葉氏(レユニオン大学大学院博士課程)
  • 参加費:2,000円(カレー&ワンドリンク付き)
  • 事前申し込み:必要

*会場の収容人数の都合で完全予約制となっていますので,参加希望の方は「10月15日までに」
ilcadj1[at]aa.tufs.ac.jp(←[at]を@に置き換えてください。)まで「人数」と共にお申し込み下さい。

  • 共催:AA研情報資源利用研究センター(IRC), 科学研究費(基盤B)「インド洋フランス語系クレオル民話の口演の研究」(代表者:小田 淳一(AA研所員),課題番号:16H05671)
  • 場所:まめ蔵(〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-15)

ピックアップ

EtsI3oJVgAEq4qt

2021年07月20日

ツバル語ココヤシ⽂化語彙集

都市研究

2021年07月20日

カイロ圏都市研究のデジタルプラットフォーム構築

スクリーンショット (2)

2021年07月20日

“声調の音韻と音声に対する統語構成の効果(Effects of Syntactic Constituency on Phonology and Phonetics of Tone, ECPPT)” ―音声データのデジタルアーカイブ化

ページトップに戻る