トピックス ⽇本における国際リスクのGISによる可視化

2022年12月25日

2021年度にスタートしたこのIRCプロジェクトは、「外国人材」の地域人口における地理的位置を「地理情報システム(GIS)」によって可視化したデータベースを構築し、研究成果として2022年3月にオンラインリソース“Local Order Index”を公開しました。このウェブページでは2006年から2020年までの在留資格別の出入国動向を地図上で見ることができます。

我が国の全国の市区町村の多くは、少子高齢化による人口減少社会への対応という社会課題の解決を求められていますが、地域の持続的発展の基礎あるいは前提となるはずの人口規模や構成あるいは属性に関する最適解は、必ずしも明らかではありません。当該取り組みを通じて、グローバル社会における日本の人口構成の一部を明らかにすることで、社会課題解決の情報のハブの一助として機能することを願っています。

(文責:佐藤将・安達真弓)

ピックアップ

result03

2022年12月25日

⽇本における国際リスクのGISによる可視化

img2

2022年12月25日

ノス彝語の⾳声データのデジタルアーカイブ化

ページトップに戻る