ニュース 『日本語マラヤーラム語辞典』の功績を讃え、著者が Dr. Hermann Gundert Endowment Award(ヘルマン・グンデルト博士基金賞)を受賞しました

2019年06月24日

5月のピックアップ記事で紹介しましたAA研の高島淳教授、峰岸真琴教授が中心となって編纂に関わった『日本語マラヤーラム語辞典』の功績について、2018-2019年度の Dr. Hermann Gundert Endowment Award(ヘルマン・グンデルト博士基金賞)が、著者のナンビアール氏に対してインド・ドラヴィダ言語学会より2019年6月20日に贈られました。


『日本語マラヤーラム語辞典』は、GICAS(「AA研アジア書字コーパス拠点」2001-)において開発したインド系文字の処理技術を活用し、IRCプロジェクトによって構築した電子辞書を印刷体としてケーララ州言語研究所(State Institute of Languages)から2019年3月に刊行したものです。


本学ホームページに記事が紹介されました。

参考記事:


5月のピックアップ記事:
『日本語マラヤーラム語辞典』刊行記念式典 がインド・ケーララ州 で行われました。
https://irc.aa.tufs.ac.jp/announce/news/2019-05-23-125/


アジア書字コーパス拠点 GICAS(Grammatological Informatics based on Corpora of Asian Scripts)
http://gicas.jp/


IRCプロジェクト:
日本語マラヤーラム語電子辞書(辞書検索システム)

ピックアップ

EzO1rNGVEAE2g67

2022年03月10日

カイロのイスラーム建築データベースの構築

210426-tools-and-archives-2

2022年03月10日

ユーラシア言語文化研究著作物の電子化

PhoPhoNO-Digital-Archive-1

2022年03月10日

チベット・ビルマ諸語の⾳声データデジタルアーカイブ化

ページトップに戻る