イベント 【2017年12月9日開催】情報資源利用研究センター (IRC) 設立20周年記念シンポジウム「人文知の資源化とアーカイビング 情報を育て、活かす」

2017年11月09日

「人文知の資源化とアーカイビング 情報を育て、活かす」

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 (AA研) 付属情報資源利用研究センター (IRC) は、今年で設立20周年を迎えました。これを記念して企画した本シンポジウムでは、IRCで実施されてきた数々プロジェクトの中から、人文知を資源化する側と、資源を活用する側の両方の立場の方々にご登壇いただき、人文知を資源化するプロセスや、資源の共有にまつわる様々な問題、またそれを活用することで生まれた研究について話し合います。
人文知の資源化やアーカイビングに関心のある方はどなたでもご参加いただけます。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

  • 日時:2017年12月9日 (土) 13:30~18:15 (開場 13:00)
  • 場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階 304室

プログラム:

13:30-《開会のことば》: 飯塚正人(AA研所長)
13:45-《基調講演》: 高島淳 (AA研所員)「カンナダ語・英語・日本語3言語電子辞書の構築について」
14:15-《事例紹介ライトニングトーク》
(1) 阿部優子 (東京女子大)「ベンデ語の語学教材のマルチメディア版」
(2) 小田淳一 (AA研所員)「インド洋民話のデータベース化」
(3) 児倉徳和 (AA研所員)「チュルク諸語対照基礎語彙」
(4) 江川ひかり(明治大学)・髙松洋一 (AA研所員)「オスマン朝演劇ポスター」
15:05-《資源化する側と活用する側の対話》
(1) 岩尾一史 (龍谷大学)・西田愛 (神戸市外国語大学)「古チベット語文献オンライン」
(2) 髙松洋一 (AA研所員)・岩本佳子 (日本学術振興会特別研究員/AA研)「アラビア文字紀年銘クロノグラム」
(3) 奥田統己 (札幌学院大学)・小林美紀(国立アイヌ文化博物館設立準備室)・深澤美香(国立アイヌ文化博物館設立準備室)「アイヌ語音声資料公開」
(4) パネルディスカッション「資源化と活用の未来に向けて」
18:15-《閉会のことば》: 星泉(AA研IRC長)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申込:不要
  • 主催: 情報資源利用研究センター(IRC)

ピックアップ

EtsI3oJVgAEq4qt

2021年07月20日

ツバル語ココヤシ⽂化語彙集

都市研究

2021年07月20日

カイロ圏都市研究のデジタルプラットフォーム構築

スクリーンショット (2)

2021年07月20日

“声調の音韻と音声に対する統語構成の効果(Effects of Syntactic Constituency on Phonology and Phonetics of Tone, ECPPT)” ―音声データのデジタルアーカイブ化

ページトップに戻る