イベント 【終了しました】情報資源利用研究センター(IRC)ワークショップ「危機言語アーカイブと言語ドキュメンテーション」

2018年12月05日

フィールドワークにより蒐集した一次資料の保存と公開を目的とした言語・文化のデジタルアーカイブが近年、注目を集めています。本ワークショップでは、ロンドン大学SOASの危機言語アーカイブ(ELAR)およびオーストラリア研究カウンシル(ARC)ほかの危機文化アーカイブ(PARADISEC)と言語ドキュメンテーションに関する議論を行います。

  • 日時:2019年2月20日(水) 14:00 ~ 17:30
  • 内容: 情報資源利用研究センター(IRC)ワークショップ「危機言語アーカイブと言語ドキュメンテーション」
  1. 倉部慶太(AA研所員):趣旨説明
  2. 木本幸憲(日本学術振興会/名古屋大学大学院)ロンドン大学SOASにおける危機言語アーカイブELARとドキュメンテーションの取り組み
  3. 倉部慶太(AA研所員)
    「危機文化アーカイブPARADISECとミャンマーにおける言語ドキュメンテーション」
  4. 質疑応答
  • 使用言語:日本語
  • 事前申し込み:不要
  • 参加費:無料
  • 主催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所情報資源利用研究センター(IRC)
  • 共催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)

ワークショップのもよう

ピックアップ

EtsI3oJVgAEq4qt

2021年07月20日

ツバル語ココヤシ⽂化語彙集

都市研究

2021年07月20日

カイロ圏都市研究のデジタルプラットフォーム構築

スクリーンショット (2)

2021年07月20日

“声調の音韻と音声に対する統語構成の効果(Effects of Syntactic Constituency on Phonology and Phonetics of Tone, ECPPT)” ―音声データのデジタルアーカイブ化

ページトップに戻る