イベント

【2018年2月15日開催】情報資源利用研究センター(IRC)設立20周年記念セミナー「人文情報学の現在」

  • 主催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所情報資源利用研究センター
  • 日時:2018年2月15日14:00–18:00
  • 会場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディア会議室(304)
  • 事前申込不要/無料
  • 趣旨:
    人文情報学(Digital Humanities)は、コンピュータと人文学との架け橋たらんとするものであり、両者の連携を深め、また、その結びつきのありようへの自覚を促すあらたな領域である。
    このたびは、そのような日進月歩の世界の「今」をおふたりの講師からご紹介いただき、また、人文学者の日常でのコンピュータ利用法について、相談に乗っていただく機会が得られた。
    日頃の研究活動を振り返り、また、あらたなる取り組みにつながる場となれば幸いである。
  • プログラム:
  • 14:00–15:30 永崎研宣(人文情報学研究所) 「デジタル化文化資料共有の基盤としてのTEI」
  • 15:40–17:10 北本朝展(人文学オープンデータ共同利用センター/国立情報学研究所) 「情報学と人文学の出会い~ディジタル・シルクロードから人文学オープンデータ共同利用センターへ~」
  • 17:20–18:00 人文情報学クリニック
  • 講師プロフィール:
  • 永崎研宣(ながさき きよのり)
    一般財団法人人文情報学研究所主席研究員。仏教学および人文情報学専攻。
    SAT大正新脩大藏經テキストデータベースをはじめとして、幾多のデジタルアーカイブや研究プロジェクトに携わっている。人文情報学のなかで発達した情報技術の研究・教育や普及活動も盛んに行っており、TEIコンソーシアム東アジア/日本分科会議長でもある。
  • 北本朝展(きたもと あさのぶ)
    情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)・センター長、国立情報学研究所准教授。情報学専攻。
    データ駆動型サイエンスに関心をもち、CODHセンター長としては、他機関との連携のもと人文学のデータの蓄積からあらたな成果を生み出し、進めることに注力している。
    (講師プロフィールは主催者によるものです)