情報発信・寄稿

IRCから望む富士山頂の夕日

IRC特任研究員の早田です。各地で平成最後の「ダイヤモンド富士」が観測されておりますが、去る1月24日にはAA研5階でも、写真のとおり富士山頂に重なって沈む夕日を見ることができました。

今回の撮影で太陽に向けたカメラは(共用の機材に、万一のことがあってはいけないので)個人のものでしたが、三脚はIRCのものも活躍しております。

IRCでは大型の撮影機材に対応した三脚以外にも、様々な撮影・録音・録画機材、大判スキャナを含む各種スキャナ、大判プリンタなどを揃えて所員や研究員、フェロー、ジュニア・フェロー、共同研究員の皆様の利用に供しております。今後とも、皆様の積極的なご利用をお待ちしております。

 

注意:危険ですから、一眼レフの光学ファインダーでは太陽を見ないで下さい。