沿革

  • 1964年 (昭和39年)
    アジア・アフリカ言語文化研究所が東京外国語大学に附置。わが国最初の人文科学・社会科学系共同利用研究所。
  • 1997年(平成9年)
    アジア・アフリカの言語文化に関する情報資源の蓄積・加工・公開と,それを 活用した共同研究手法の開発,国際学術交流の推進を目的として,文部省令によりアジア・アフリカ言語文化研究所付属情報資源利用研究センター(Information Resources Center)が設置される。
  • 2002年 (平成14年)
    旧西ヶ原キャンパスから現在の府中キャンパスに移転。
  • 2010年 (平成22年)
    アジア・アフリカ言語文化研究所が,文部科学省により共同利用・共同研究拠点(拠点名:アジア・アフリカの言語文化に関する国際的共同研究拠点)に認定される。

歴代センター長

  • 2021(令和3)年度~ 現在        髙松 洋一
  • 2019(平成31)年度~2020(令和2)年度 渡辺 己
  • 2017(平成29)年度~2018(平成30)年度  星 泉
  • 2013(平成25)年度~2016(平成28)年度  中山 俊秀
  • 2011(平成23)年度~2012(平成24)年度  永原 陽子
  • 2009(平成21)年度~2010(平成22)年度  三尾 裕子
  • 2007(平成19)年度~2008(平成20)年度  栗原 浩英
  • 2004(平成16)年度~2006(平成18)年度  峰岸 真琴
  • 2003(平成15)年度             内堀 基光
  • 1999(平成11)年度~2002(平成14)年度  町田 和彦
  • 1997(平成9)年度~1998(平成10)年度    池端 雪浦