情報資源一覧

Digitization of the Matsya Project Microfilms
OGURA, Satoshi;OKITA, Kiyokazu 情報資源タグ:
http://www.aa.tufs.ac.jp/~ogura/project/matsya/index.html
In the 1980s, the Smithsonian Museum undertook what was known as the “Matsya Project.” This endeavor involved microfilming manuscripts of 1,679 Vaiṣṇavism-related works held in Indian libraries and temples. The IRC has digitized these microfilms in case of age-related degradation.
Matsyaプロジェクトマイクロフィルムデジタル化
小倉智史;置田清和 情報資源タグ:
http://www.aa.tufs.ac.jp/~ogura/project/matsya/index.html
インドの各写本図書館、寺院に収蔵されていたヴィシュヌ教関連作品1679点の写本を、アメリカのスミソニアン博物館がMatsya Projectという企画のもと1980年代にマイクロフィルム化しました。マイクロフィルムの経年劣化によって利用できなくなることが心配されたため、この度写本の画像をjpgファイル形式でデジタル化したものです。

IRCから望む富士山頂の夕日

IRC特任研究員の早田です。各地で平成最後の「ダイヤモンド富士」が観測されておりますが、去る1月24日にはAA研5階でも、写真のとおり富士山頂に重なって沈む夕日を見ることができました。

今回の撮影で太陽に向けたカメラは(共用の機材に、万一のことがあってはいけないので)個人のものでしたが、三脚はIRCのものも活躍しております。

IRCでは大型の撮影機材に対応した三脚以外にも、様々な撮影・録音・録画機材、大判スキャナを含む各種スキャナ、大判プリンタなどを揃えて所員や研究員、フェロー、ジュニア・フェロー、共同研究員の皆様の利用に供しております。今後とも、皆様の積極的なご利用をお待ちしております。

 

注意:危険ですから、一眼レフの光学ファインダーでは太陽を見ないで下さい。