月別: 2018年7月

故湯川恭敏所員の調査テープに残された言語データの電子化およびメタデータ公開

このプロジェクトは,AA研の元所員でもあった故湯川恭敏博士(1941〜 2014)によるアフリカのバントゥ諸語に関する調査資料をデジタル化するとともに,そのメタデータを公開するものです.

 

アフリカ大陸の赤道以南で話されるバントゥ諸語は,系統的にはニジェール・コンゴ語族に含まれる一大言語群で,500を超える言語が話されていると言われています.湯川博士は,日本におけるバントゥ諸語研究のパイオニアとして,1975年の最初の調査から30年を超える長きにわたって,121言語/方言を現地調査によって記述し,その成果を多くの著書・論文に残されました.現在でも未だ十分な記述研究がなされていないバントゥ系の言語が少なくないことを思えば,ひとりの言語学者によってこれだけの数の言語の一次資料が集められたことは,驚嘆に値することと言ってよいでしょう.そして,とりわけ動詞アクセント研究によってバントゥ語研究の世界に広く知られた湯川博士の残された録音資料およびフィールドノート等は,それらの言語の歴史の断片を物語るとともに,後進の研究者にとっても貴重な研究資料となるものです.

 

本プロジェクトでは,これら録音資料(カセットテープ約500本)およびフィールドノート等の文字資料をすべてデジタル化するとともに,調査対象言語名と,言語名に対応する公刊論文,語彙調査資料,フィールドノート,録音テープ等の膨大なメタデータをリスト化して提示しています.また,各言語の話されている地点をプロットした地図も掲載しています.この地図に示されている領域を一人の言語学者が自らの足で探索したという事実に,きっと圧倒されることでしょう.

 


参考情報:

【終了しました】情報資源利用研究センター(IRC)国際ワークショップ「多文化社会におけるアーカイビングの意義」

パリ日本文化会館が青少年の日仏文化交流を目的として毎年開催している短期派遣事業「プロジェクト・コンクール」の2018年度入賞者のうち,アジア・アフリカ地域に起源を持つ三人の学生をお招きし,IRCが公開している当該地域の情報資源が彼らの民族的アイデンティティ擁護にどのような意義を持つか等についてお話して頂きます。

  • 日時:2018年8月2日(木) 14:00 ~ 17:00
  • 内容:  情報資源利用研究センター(IRC)国際ワークショップ「多文化社会におけるアーカイビングの意義」
  1. 小田淳一(AA研):ワークショップの説明と講演者の紹介
  2. 「アルジェリア系からの視点」:セリア・シュルファ
  3. 「モロッコ系からの視点」:ヤセル・ヤクビ
  4. 「レユニオン系からの視点」:カンタン・ハーゲン
  5. 質疑応答
  • 使用言語:日本語,英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 主催:情報資源利用研究センター(IRC)
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)