月別: 2017年3月

情報資源利用研究センター主催ワークショップ

  • 日時:2016年3月4日(金)14:00~17:00
  • 内容:「複雑系としての社会システム研究の可能性を考える:言語体系を例に」
    1.中山俊秀(AA研)
    ワークショップの趣旨説明
    2.オープンディスカッション
    ディスカッサント
    阿部明典 千葉大学文学部行動科学科教授
    伊藤克彦 京都大学医学研究科分子病診療学准教授
    内海彰 電気通信大学大学院情報理工学研究科教授
    村井源 東京工業大学大学院理工学研究科価値システム専攻助教
    森浩禎 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科教授
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 主催:情報資源利用研究センター(IRC)
  • 場所:セミナー室(301)

情報資源利用研究センター主催国際ワークショップ

  • 日時:2016年2月3日(水)14:00~17:00
  • 内容:1.小田淳一(AA研)
    ワークショップの説明と講演者紹介
    2.講演者:ジュリアン・デュイ(神話学,エコール・サントラル・パリ)
    「アフリカ史再構成のための神話学への統計学の応用」
  • 使用言語:英語(通訳なし),討論はフランス語も可
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 主催:情報資源利用研究センター(IRC)
  • 場所:マルチメディア会議室(304)

情報資源利用研究センター主催国際ワークショップ

  • 日時:2015年4月7日(火)14:00~17:00
  • 内容:1.小田淳一(AA研)
    ワークショップの説明と講演者紹介
    2.講演者:マリー=アニック・ジャンス(人類学,レユニオン精神衛生公共法人)
    「レユニオン島-混成の調和を有する複雑なフランスの南半球領土」
  • 使用言語:フランス語(通訳あり)
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 主催:情報資源利用研究センター(IRC)
  • 共催:基幹研究「人類学におけるミクローマクロ系の連関」
  • 場所:セミナー室(301)

Old Tibetan Documents Online
HOSHI, Izumi 情報資源タグ:
http://otdo.aa-ken.jp/
This is a text database of Old Tibetan documents. It contains varieties of Old Tibetan texts collected from manuscripts unearthed from Central Asia and inscriptions. Users can search for any syllable of the Tibetan text in the form of a Key Word in Context on the website. Users also can refer to the website for previous research references to each text.
E-text project of Rajatarangi
TAKASHIMA, Jun 情報資源タグ:
http://www.aa.tufs.ac.jp/~tjun/irc/rajatarangini_p.html
Rajatarangi is a history of Kashmir written by Kalhana. In India, which lacks historiographic records, this is a unique text of its kind and a precious source for historical description and cultural history. E-text rendering of this essential text is of immense help for the scholars of various disciplines.
20世紀前半インドネシア華人関連資料コレクション
津田浩司 情報資源タグ:
http://www.aa.tufs.ac.jp/users/tsuda/IRC/arsip_tionghoa/
19世紀末から1960年代半ばまで、インドネシアの華人は様々な出版物を通して、社会的・政治的・文化的表現活動をしてきました。ここでは、主にマレー(ムラユ)語で書かれた資料のいくつかを、PDFデータとして公開しています。