IRCワークショップ一覧

2016年度
日時2017年2月9日(木)14:00~17:00
内容情報資源利用研究センター主催国際ワークショップ
「中野暁雄氏の「ベルベル民族誌」について:ラハセン・アフーシュ氏による証言の再解釈 -スース地方の現代社会と照らし合わせて-」
    
1.小田淳一(AA研)
ワークショップの趣旨説明と講演者紹介
2.講演者:ラハセン・ダーイフ(リヨン第2大学)
「中野暁雄氏の「ベルベル民族誌」について:ラハセン・アフーシュ氏による証言の再解釈 -スース地方の現代社会と照らし合わせて-」
3.コメント
コメンテータ
堀内里香(神奈川大学)
堀内正樹(成蹊大学)
齋藤剛(神戸大学)

使用言語:フランス語・日本語
日本語通訳:岡本尚子(洗足学園音楽大学)
参加費:無料
事前申し込み:不要
詳細はこちらをご覧ください。
主催情報資源利用研究センター(IRC)
場所セミナー室(301)
2015年度
日時2016年3月4日(金)14:00~17:00
内容情報資源利用研究センター主催ワークショップ
「複雑系としての社会システム研究の可能性を考える:言語体系を例に」
    
1.中山俊秀(AA研)
ワークショップの趣旨説明
2.オープンディスカッション
ディスカッサント:
阿部明典 千葉大学文学部行動科学科教授
伊藤克彦 京都大学医学研究科分子病診療学准教授
内海彰 電気通信大学大学院情報理工学研究科教授
村井源 東京工業大学大学院理工学研究科価値システム専攻助教
森浩禎 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科教授

使用言語:日本語
参加費:無料
事前申し込み:不要
詳細はこちらをご覧ください。
主催情報資源利用研究センター(IRC)
場所セミナー室(301)
日時2016年2月3日(水)14:00~17:00
内容情報資源利用研究センター主催「国際ワークショップ」
    
1.小田淳一(AA研)
ワークショップの説明と講演者紹介
2.講演者:ジュリアン・デュイ(神話学,エコール・サントラル・パリ)
「アフリカ史再構成のための神話学への統計学の応用」

使用言語:英語(通訳なし),討論はフランス語も可
参加費:無料
事前申し込み:不要
詳細はこちらをご覧ください。
主催情報資源利用研究センター(IRC)
場所マルチメディア会議室(304)
日時2015年4月7日(火)14:00~17:00
内容情報資源利用研究センター主催「国際ワークショップ」
    
1.小田淳一(AA研)
ワークショップの説明と講演者紹介
2.講演者:マリー=アニック・ジャンス(人類学,レユニオン精神衛生公共法人)
「レユニオン島-混成の調和を有する複雑なフランスの南半球領土」

使用言語:フランス語(通訳あり)
参加費:無料
事前申し込み:不要
詳細はこちらをご覧ください。
主催情報資源利用研究センター(IRC)
共催基幹研究「人類学におけるミクローマクロ系の連関」
場所セミナー室(301)
2014年度
日時2014年11月18日(火)15:00~17:00
内容情報資源利用研究センター主催「映像制作ワークショップ」
    
1.講師:石井 満(尚美学園大学准教授)
①デジタル講義の撮影、編集、アーカイブを行う際のシステム構築について
②フィールド研究でのカメラ撮影の技法について
2.質疑応答

使用言語:日本語
参加費:無料
事前申し込み:不要
※学外の方で参加を希望される場合は、下記までお問い合わせください。
情報資源利用研究センター(IRC)
email:ilcadj1[at]aa.tufs.ac.jp ([at]を@に変更して送信ください。)
tel:042-330-5634
主催情報資源利用研究センター(IRC)
場所マルチメディアセミナー室(306)
2013年度
日時2014年1月22日(水)13:30~17:30
内容情報資源利用研究センター主催 国際ワークショップ 「コモロ民話の伝統と現代における価値」
    
発表者:サリム・ハテュブ(作家・民話研究家)
「コモロ民話の伝統と現代における価値」
コメント:花渕馨也(北海道医療大学)
使用言語:フランス語(通訳あり)
参加費:無料
事前申し込み:不要
詳細はこちらをご覧ください。
主催情報資源利用研究センター(IRC)
場所セミナー室(301)
2012年度
日時2013年1月30日(水)14:00~15:30
内容情報資源利用研究センター主催 FINDAS共催 国際ワークショップ 「日本語ドラヴィダ諸語対照文法と辞書」
    
発表者:K.P.P.ナンビアール
「日本語マラヤーラム語辞書について」(英語)
発表者:峰岸真琴(AA研 教授)
「日本語ドラヴィダ諸語対照文法の基礎について」
発表者:高島淳(AA研 教授)
「マラヤーラム語とカンナダ語の電子辞書作成について」
主催情報資源利用研究センター(IRC)
共催東京外国語大学 現代インド研究センター(FINDAS)
場所マルチメディア会議室(304)
日時2013年1月24日(木)14:00~18:00
内容情報資源利用研究センター主催 国際ワークショップ 「スース地方の伝統的なベルベル歌謡における宗教的な価値と教え:省察すべき要素群」
    
発表者:ラハセン・ダーイフ(歴史資料研究センター/仏国立科学研究センター)
コメント:堀内正樹(成蹊大学)
使用言語:フランス語(通訳あり)
詳細はこちらをご覧ください。
主催情報資源利用研究センター(IRC)
共催基幹研究「人類学におけるミクローマクロ系の連関」
場所セミナー室(301)
日時2012年9月19日(水)11:00~12:30
内容情報資源利用研究センター主催 ワークショップ 「空を飛ぶコンテンツと地を這うツールの邂逅」
    
報告:阿部明典(千葉大学文学部教授)
「世界をつなぐことば工学の過去~現在」
松澤和光(神奈川大学工学部教授)
「ことばコンテンツの工学的扱い~松澤研究室における研究テーマ紹介」
主催情報資源利用研究センター(IRC)
場所マルチメディア会議室(304)
2011年度
日時2012年1月26日(木)15:00~17:00
内容情報資源利用研究センター・言語ダイナミクス科学研究共催 ワークショップ 「全文検索システムを活用した言語データ分析の可能性」
共催情報資源利用研究センター(IRC)・言語ダイナミクス科学研究(LingDy)
場所マルチメディア会議室(304)
2010年度
日時2011年2月23日(水)13:30~17:30
内容情報資源利用研究センター・国際ワークショップ 「イスラーム法の実体化:アラビア語古文書学に関するCALDプロジェクトの紹介」
    
報告:ラハセン・ダーイフ(歴史資料研究センター/仏国立科学研究センター)
コメント:柳橋博之(東京大学)
使用言語:フランス語(通訳あり)
詳細はこちらをご覧ください。
主催情報資源利用研究センター(IRC)
共催基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
場所セミナー室(301)
2009年度
日時2010年3月24日(水)13:30~17:30
内容IRCワークショップ 「インド洋におけるコモロ民話」
報告:小田淳一(AA研)「2008~2009年の採話状況について」
    ムニール・アラウィー(レユニオン高等美術学校)「民話と語り手の概要及び分類」
    
コメント:花渕馨也(北海道医療大学)
      深澤秀夫(AA研)
主催情報資源利用研究センター(IRC)
場所小会議室(302)
日時2009年10月19日(月)14:00~17:30
内容「GPSをつかって地図をつくろう!~文系のためのGPS超初心者講座 第2回」
講師:古澤拓郎(東京大学ASNET、Fieldnetウェブ構築委員)

「GISは人類学にどう役立てられるか:ケニアでの調査研究から」
講師:チャールズ・ンデグワ(日本学術振興会PD/筑波大学)
主催東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 フィールドサイエンス研究企画センター
共催科学研究費基盤研究(A)18202028
   「フィールドワークの理論と手法に関する総合調査:海外学術調査の展開をとおして」
   東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 情報資源利用研究センター
場所マルチメディアセミナー室(306)
日時2009年7月3日(金)14:00~17:00
内容「GPSをつかって地図をつくろう!~文系のためのGPS超初心者講座」
講師:古澤 拓郎(東京大学ASNET、Fieldnetウェブ構築委員)
主催東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 フィールドサイエンス研究企画センター
共催科学研究費基盤研究(A)18202028
   「フィールドワークの理論と手法に関する総合調査:海外学術調査の展開をとおして」
   東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 情報資源利用研究センター
場所マルチメディア会議室(304)
2008年度
日時2009年3月6日(金)
内容基盤研究(S)「アラビアンナイトの形成過程とオリエンタリズム的文学空間創出メカニズムの解明」
・AA研情報資源利用研究センター・プロジェクト合同国際ワークショップ
「アラビアンナイト写本とテクスト形成の修辞学」
①「科研によるアラビアンナイト研究プロジェクトの目的と進捗状況について」
西尾哲夫(人間文化研究機構・国立民族学博物館)・小田淳一(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
②「コモロの現代風景における千一夜物語的コント」(映像作品上映及び日本語通訳付)
ムニール・アラウィー(レユニオン高等美術学校)
③質疑応答ならびに参加者全員による討論
主催基盤研究(S)「アラビアンナイトの形成過程とオリエンタリズム的文学空間創出メカニズムの解明」
・AA研情報資源利用研究センター
場所小会議室(302)
日時2009年2月18日(水)15:00-17:00
内容テーマ:「電子辞書をつくる」
報告:高島淳(AA研)
         「マラヤーラム語とカンナダ語の辞書について」
    内田紀彦(園田学園女子大学元教授)
         「カンナダ語辞書について」
    町田和彦(AA研)
         「電子辞書のかたち」
主催情報資源利用研究センター(IRC)
場所マルチメディア会議室(304号室)