現在の活動と近未来

IRCの更なる発展に向けて

IRCは発足以来、着実なデータの蓄積・加工・公開を継続し、 言語地図や電子辞書などIRCの「顔」ともいうべき成果を造り上げてきました。 2009年からは、これらの成果を踏まえて、 中期計画に記載された「研究資源構築ならびにその共同利用に向けて国内外の研究者との連携体制を強化する」 という方針に基づき、研究の更なる充実を目指して、現在、以下の方向性にそった研究活動内容を指針として掲 げ、具体的な活動を検討,実行しつつあります。

(1)研究資源構築と体系化:IRC設立以来今日までに蓄積され たノウハウを総括し、その応用、改良、普及を図ります。
(2)ウェブサイトの充実を図り、研究資源発信体制を強化します。
(3)研究者コミュニティにおける情報化された研究資源の共有 とそれに基づいた研究手法の探究を進めます。
(4)所内の研究ユニットと連携しながら共同研究を進めると同 時に、IRCを主体とした連携性・国際性のある研究テーマを外部 資金の導入も視野に入れて追求していきます。
(5)IRCにおいて構築した研究手法を用いて、所外の主に若手 研究者とともに、開かれた共同研究を推進し、研究手法の普及、 発展を目指します。